CBDってなに?

CBDを知ろう!

このページを読んでいる人は、少なからず体に不調を抱えていて、今後の健康を気遣って『CBD』という言葉に辿り着いた人が多いのではないでしょうか。

CBDの正式な呼び方は『カンナビジオール 』(英語ではカンナビダイオールと呼ぶことも)といいます。

耳慣れない言葉ですね。

CBDを説明する前に、まず人間の体に備わっているシステムについて知っておいていただきたいと思います。


エンドカンナビノイドシステム

人間の体は本来、自分自身で身体全体の機能調節をするシステム『エンドカンナビノイドシステム』が備わっています。

人間を含む哺乳類の体にはカンナビノイド受容体というものが存在します。

カンナビノイド受容体は全身にたくさん存在しています。

そして、自分でカンナビノイドを体内で生産してもいます。その、体内で作られたカンナビノイドを、内因性カンナビノイドと呼びます。

生産した内因性カンナビノイドを受容体に送ることで、食欲、痛み、免疫調整、感情抑制、運動機能、発違と老化、神経保護、認知と記憶など調整をし、細胞同士のコミュニケーション活動を支えているんです。


以下は、カンナビノイド受容体の分布図です。

CB1とCB2、2種類の受容体があります。

CB1は神経細胞上多く存在し、CB2は免疫細胞上に多く存在します。

図にあるように、どちらの受容体もある器官も多いです。

エンドカンナビノイドシステム、は外部から強いストレスを受けたり、加齢に伴う老化によって機能が弱くなります。それに伴ってカンナビノイドが欠乏すると、身体がバランスを崩し、様々な不調が現れるということが、近年の研究で明らかになってきました。


CBDでカンナビノイドを補いましょう

カンナビノイドは、外から補うことが可能です。

実は、人間が体内で生産している内因性カンナビノイドと非常によく似ていて、ほぼ同じ働きをしてくれる植物があるのです。

その植物とは大麻です。

いまの日本では違法ドラッグとして扱われていますが、海外では難病を治す特効薬としてどんどん研究が進んでいて、実際にガンを治した人や、正式に難治性てんかんであるドラべ症候群の特効薬として市販されているんです。

これが、いま話題になっている『医療大麻』というものです。

医療大麻に含まれる主成分として、THC(テトラヒドロカンナビノール)と、CBD(カンナビジオール)があります。

THCという成分の方には、精神活性作用や陶酔感をもたらす作用があり、輸入や所持が禁止されています。CB1受容体に強く作用しますので、主に脳やホルモンが関与する器官への作用があり、現在、研究が進んでいます。

CBDにはそのような作用がほぼなく、摂取することで、身体機能を調節してくれ、精神面から末梢神経、炎症、鎮痛、鎮痙攣など、不調を改善するのに役立ちます。全身の細胞上にある受容体に直接働きかけ、エンドカンナビノイドシステム本来の機能を取り戻し、バランスをとるサポートをします。

これらカンナビノイドは、足りなければ植物のちからを借りて、外から補ってあげて、体の正常化を取り戻すことができます。


CBDは違法成分ではないので、安心して使用することができます。


大昔から、大麻は民間療法の薬草として、漢方の上薬として、成分の研究がされる前から使われていました。その後、第二次世界大戦後に植物自体の所持や栽培が禁止になったものですから、この100年近く、私たちは、このような素晴らしい成分を含む植物の恩恵を受けられなかったのです。

時代が進み、研究で成分が明らかになって、現在では気軽に摂取できるCBDサプリメントとして普及し始めています。

自分の身体を癒すのは、お医者さんでも薬でもなく、自分自身です。

CBDは、その『本来こうあるべき人間の身体メカニズムを正常化』を、大いにサポートしてくれる成分なのです。